2007年03月31日

英文おみくじ

山旅に行った先の神社で「英文おみくじ」なるものがあったので、引いてみました。

writtenOracle.JPG

英文おみくじと言っても、そこのは日本語のごく普通のおみくじの裏に英文訳が書いてあるだけでした。

吉でした。

裏を見ると"very good" と書いてありました。

吉が"very good" なら大吉は・・と思ったら、大吉は"excellent" だそうです。

writtenOracle.JPG

■英辞郎訳

おみくじ paper fortune

oracle
【名】神のお告げ、託宣、助言を与える人、賢人、神官、神託

・An oracle predicted the end of the world.
   (神のお告げが世界の終わりを予言した)

読めて聴ける英語 英語学習日記 読めて聴ける英語雑記帳 
夢二の愛した伊香保・榛名 伊香保レポート 龍・通信
posted by えいがく at 06:19| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

やはり考え方が重要!

昨日、本屋でペーパーバック立ち読みしていたら、ちょっとひっかかる文章に出会いました。

happy and unhappy people tend to have had very similar life experiences. The difference is that the average unhappy person spends more than twice as much time thinking about unpleasant events in their lives, while happy people tend to seek and rely upon information that brightens their personal outlook.

以上The 100 Simple Secrets of Happy Peopleより引用

斉藤一人さんなどの本を読むと、ツイている人には「良いことしか起らない」と書いてあるので、ポジティブに考えると運がよくなると理解していたのですが、この本は、ハッピーな人にもアンハッピーな人にも起ることは同じで、それをどう受け取るかの違いだけだというような主張です。

一瞬わからなくなりましたが、結局は、すべてのことは本人の受け止め方次第と言うことだと思います。

やはり最後は「気」ですね。

ちなみに、このペーパーバックはとても易しい英語で書かれているので多読にはよいと思います。

幸せになる100の秘訣が、それぞれ1〜2ページでまとめられているので読みやすいです。

但し、中身は、当たり前というか、すでにどこかで読んだ内容が多い気がしました。

多読用と割り切れば、楽しめると思います。

読めて聴ける英語 英語学習日記 読めて聴ける英語雑記帳 
夢二の愛した伊香保・榛名 伊香保レポート 龍・通信

posted by えいがく at 00:39| Comment(0) | 書籍・雑誌紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

ディリーコンサイス英和・和英辞典

久々にブックオフに行ったら、『ディリーコンサイス英和・和英辞典』が、105円で売っていたので、つい買ってしまいました。

IMG_7277.JPG

この辞書は思い出の辞書です。

以前頻繁に海外一人旅に行っていた時に、必ず持って行ったのがこの辞書の和英辞書です。

理由は、旅先で旅日記を書く時、よく漢字がわからなくなるので、和英辞典があると便利だったのです。

海外一人旅に国語辞典は無駄なのです。

日本語の意味を調べる機会は旅先ではそうはありませんからね。

和英辞典なら、漢字が調べられる上に、和英本来の使い方も出来て一石二鳥なのです。

旅の装備は出来るだけ軽い方がいいので、辞書は必ずこれ一冊でした。

英和はあえて持って行きませんでした。

今なら電子辞書があるので、もうこの手の辞典はあまり必要性は感じないのですが、懐かしさもあり、105円だったので、つい買ってしまいました。


【私が一人旅で愛用していた和英辞典】

私は、あえて「ディリーコンサイス和英辞典」の『革装』を愛用していました。

『革装』は通常版より1000円くらい高いのですが、その点はこだわりました。

使い込むと味わいが出て気に入っていました。

デイリーコンサイス和英辞典[第6版] 革装


読めて聴ける英語 英語学習日記 読めて聴ける英語雑記帳 
夢二の愛した伊香保・榛名 伊香保レポート 龍・通信


作成日: 2007年3月27日(火)
posted by えいがく at 22:07| Comment(0) | 書籍・雑誌紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国語だった!!

先日、二胡奏者のチェン・ミンさんについて書きました。

http://eigo-diary.seesaa.net/article/34391510.html

その時、二胡は英語で"erhu"であると学んだという話をしました。

先日、中国語に堪能な友人と会う機会があったのですが、その友人から、二胡は中国語で「アー・フー」と発音することを教わりました。

英語の"erhu"(アー・フー)は中国読みをそのまま英語に当てはめた言葉だったのですね。

当然と言えば、当然ですが、勉強になりました。

そう言えば、中国語で"2"は「アー」ですよね。

二胡が英語で"erhu"であると知った時、この単語は覚えられないなあと思ったのですが、このように、中国語の発音から出来た英語であると知れば、一発で覚えられますね。

"erhu"「アー・フー」もう忘れません。

私が英語単語を覚える時、語源にこだわるのも、語源を学ぶと記憶に定着しやすくなるからです。

ちなみに二胡は英語では"chinese violin"とも呼ばれているそうです。

チェン・ミンさんの二胡かなりオススメです。

現在、NHKの大河ドラマ『風林火山』で番組の最後に「風林火山紀行」というコーナーがあり、その時、かかっている音楽がチェンミンさんの二胡だそうです。

聴いたことのある方も多いと思います。

私は「風林火山」見たことありませんが、今度、「風林火山紀行」だけはチェックしてみたいと思っています。

チェン・ミンさんの「風林火山紀行」のテーマ曲が収録されたCDもすでに出ています。

祈り~two as one~

ちなみに、NHKの「風林火山」のサントラCDには、このチェンミンさんの曲は収録されていないそうです。

NHK風林火山サウンドトラックCD


【追伸】

私が知っている中国語と言えば1234・・の「イー・アー・サン・スー・・・」と「ニー・ハオ」「シ ェ・シ ェ」などの基本語の他には「ウォー・アイ・ニー」と「ニー・ヘン・ピャオリャン」だけです。

これだけのボキャブラリーで中国旅行したことがあります。

コーラ1本買うのにもかなり苦労しました。

中国語も出来れば楽しいでしょうね。


読めて聴ける英語 英語学習日記 読めて聴ける英語雑記帳 
夢二の愛した伊香保・榛名 伊香保レポート 龍・通信




posted by えいがく at 06:16| Comment(0) | お役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今後の課題

「恋するマンハッタン」を録画したビデオが5本見つかりました。

koisurumanhattan.JPG

3倍速で録っているので、約30時間分あります。

「恋するマンハッタン」は現在、NHK総合で週1回深夜2時前後に再放送していますが、放送時間が一定でないのでタイマー録画するのが面倒なのです。

お陰で1回しか録画できていません。

当分、このビデオを見ようと思っています。

さらに、「My Best Friend's Wedding」のスクリプトを印刷したファイルも出てきました。

mybestfriend'sweddingscript.jpg

ざっとみても100枚以上あります。

たぶん、過去に教材にしようとして印刷したのだと思います。

もしかしたらと、録画した映画のビデオがあるかと思って探しましたが、見つかりませんでした。

とりあえず、スクリプトを読んで、よい表現などをチェックして、最終的には、DVDを借りてきて映画を見ようと思っています。

今後は、この2つを教材にして学習して行きたいと思っています。

【関連リンク】

NHK恋するマンハッタンホームページ
http://www3.nhk.or.jp/kaigai/manhattan/index.html

読めて聴ける英語 英語学習日記 読めて聴ける英語雑記帳 
夢二の愛した伊香保・榛名 伊香保レポート 龍・通信
posted by えいがく at 06:09| Comment(0) | 英語学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。